弁護士費用

初めて弁護士にご相談される方へ

初めて弁護士にご依頼される方は、どのような費用がいくらくらいかかるか分からず、不安を抱えていらっしゃるかと思います。

弁護士村田は、初回のご相談は30分無料で承っており、その後ご依頼される際は、事案に応じた弁護士費用を事前にご説明して、ご納得頂いてから問題解決に向けて着手いたします。

弁護士費用がいくらなのかまったく分からない状況のまま進んでいったり、聞いていなかった費用を後で請求されたりすることは一切ありませんのでご安心ください。

弁護士費用

相談料

法律相談料 30分5,000円(税別) 初回に限り 30分無料

着手金と報酬

着手金は問題解決に向けての弁護士活動を開始する際に発生する費用で、報酬はご依頼された事件の処理が終了した際に発生する費用です。
どちらも、得られる経済的な利益に基づいて算出されます。

顧問契約料

顧問契約を結ばせて頂いた場合に発生する費用です。

日当

遠方出張や現場検証等の必要がある際に発生する費用です。

各種経費

裁判等の申立費用、交通費、内容証明郵便や書類の郵送代など。

実際に弁護士に依頼することになったときには

  • 着手金・報酬、事件処理に必要な実費、場合に応じて日当(現地調査や遠隔地の法廷への出頭が必要な場合など)
  • 弁護士費用は事案により異なるので、相談時に事案の内容をお聞きしてから具体的に説明します。

着手金・報酬の目安(いずれも税別)

民事事件
 着手金報酬
経済的利益の額が300万円以下の場合 8% 16%
300万円を超え3000万円以下の場合 5%+9万円 10%+18万円
3000万円を超え3億円以下の場合 3%+69万円 6%+138万円

ただし、着手金の最低額:10万円

離婚
交渉、調停
着手金 30万円
報酬 30万円
※ただし、財産分与・慰謝料等の財産給付(養育費は除く)を伴う場合は、30万円に財産給付の額を経済的利益として計算した民事事件の報酬額の1/2を加算。
訴訟
着手金

40万円
※ただし、財産分与・慰謝料等の財産給付(養育費は除く)を伴う場合は50万円

報酬 40万円
※ただし、財産分与・慰謝料等の財産給付(養育費は除く)を伴う場合は、40万円に財産給付の額を経済的利益として計算した民事事件の報酬額の1/2を加算。

離婚調停事件から離婚訴訟事件へ移行した場合、別途着手金をいただきますが、その場合の着手金は20万円(財産分与・慰謝料等の財産給付(養育費は除く)を伴う場合は30万円)となります。

相続関係
遺言書作成
定型のもの 20万円

特に複雑または特殊な事情がある場合は、協議のうえ決定

遺言執行に裁判手続を要する場合は、別途裁判手続に要する弁護士費用をいただきます。

遺言執行
300万円以下の場合 30万円
300万円を超え3000万円以下の場合 2%+24万円
3000万円を超え3億円以下の場合 1%+54万円
3億円を超える場合 0.5%+204万円
借金問題
個人の方の任意整理
着手金 債権者が1社または2社の場合 5万円
債権者が3社以上の場合 1社あたり2万円
報酬 1社あたり2万円+(過払金の返還を受けた場合、返還金の20%)
個人再生
着手金 30万円
報酬 20万円
個人の方の自己破産
着手金 20万円
報酬 20万円
顧問契約
  • 月額顧問料は、事業規模、業務内容等により異なるので、ご相談のうえ決定します。
まずは初回無料相談をご利用ください
まずは初回無料相談をご利用ください
TEL:03-5312-2062
bottom_bn02.png
お問い合わせフォーム